RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -
K様邸新築工事
地盤調査により地盤改良
家を建てるときに地盤の状態を知ることはとても重要です。家
土地にはそれぞれの地域により色々な性質の地盤があります。
用途に合わせ適切な地盤対策が必要です。

K様邸で地盤調査を行ったところ、表層面から2.5m程の深さまでの地盤の強度が不足していることが判明し地盤強度の改良が必要となりました。

鋼管杭打設による地盤改良工事
硬い地盤まで、回転貫入した炭素鋼管杭を介して住宅の荷重を強固な地盤に伝えることにより、支持力を確保し、沈下の抑制を図る工法です。
水やセメントを使用しないため現場がきれいに仕上がり、鋼管杭は工業製品のため
品質が一定に保たれます。


専用の施工機械により、鋼管杭を回転させながら地盤中に垂直に貫入していきます。


見た目には同じ様な平らな地面でも地盤内の構造は様々です。
調査を行うことで正確な情報をもとにそれぞれの地盤への対策ができるのです。
建物がどんなに強固な構造であっても、地盤の地耐力が弱くては安全な家にはなりません。それ程地盤の耐力とは重要な事なのです。
author:広報担当E, category:新築工事, 11:03
comments(0), trackbacks(0)
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 11:03
-, -
Comment









Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。