RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -
S様邸 新築工事【木工事】構造
10月に入り、今年も残り3ヶ月・・・早いですねたらーっ
こんにちは!設計Eです。

さてS邸の工事も順調に進行してまして。先日、行われたJIOの構造体検査も合格致しました。
化粧タル木

今回の検査では、
■基礎のコンクリート強度の確認
■床下の換気対策の確認
■構造体の水平・垂直精度の確認
■建築金物が適正に使用されてるかの確認
その他、木材の含水率・防腐防蟻処理・火打ち梁筋交い・材の継ぎ手なども確認しました。

前回のブログで御紹介した金物の他、これらの金物も検査されました。

大引き材を支える、鋼製束
鋼製束
昔は、木製の束を使用してましたが、現在は耐久性のある金属製の束が支流になっています。尚且つ、上下に可動しますので不陸調整が出来ます。

火打ち梁
火打ち
これも、現在は金属製の物が支流です。画像では金属の物と木製の物が写っていますが、木製の部分は、吹き抜け部分で露出する為に意匠的に木製にしてます。金属製の部分は、天井を張りますので見えなくなります。

筋交い
筋交い

これは金物では無いのですが、建物耐震性能を左右する重要な部材です。
もっとも、筋交いだけでなく構造用合板などもそうですが。
筋交いの材のサイズ・シングルorダブル又は構造用合板貼りなどの仕様により、壁の耐力の指針である壁倍率が決まります。
今回の建物は、構造用合板による仕様ですので筋交い仕様の部分は少なめです。

さてさて今月は、2つイベントを予定しております。
内容は、当社HPまたは今後のブログにて、お知らせしてまいりますので、ご期待下さい!
author:設計E, category:新築工事, 10:25
comments(0), trackbacks(2)
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 10:25
-, -
Comment









Trackback
url: http://dai-shin.jugem.jp/trackback/18
設計に役立つ樹脂設計便覧です。
設計に役立つ樹脂設計便覧です。
樹脂設計便覧, 2006/10/06 6:34 AM
金属製の感想
寝室のカーテンレールもアイアンにしていたので、良い感じになりました。アンティークっぽく見えて、さらに雰囲気よくなりました。アンティーク好きな人にはお勧めです。・血と武器の世界・24・ダーツ部 ダーツについて・日興をシングルAに格上げ・S&P・国税調査
シングルのレビュー, 2007/05/07 1:09 AM