RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -
S様邸 新築工事【木工事】土台敷き
暑い暑いと思ってましたが、もう秋の予感・・・
こんにちは!設計Eです楽しい

S邸の工事も、いよいよ木工事に入りました!
大工さんの腕の見せ所ですね工具

今回は土台敷きの様子です。
土台敷き

今回の土台は、4寸角の米ヒバ無垢材を使用してます。

大入れ蟻掛けA
大入れ蟻掛けB
腰掛け鎌継ぎ

今更ですが、プレカット仕口は綺麗ですね!アールも付いてますし見る

ところで皆さん・・・既にお気付きの方もいらっしゃるかと思いますが、
今回は基礎には通風用の床下換気口ありません!
「それでは床下の換気が出来なくてマズイのでは・・・」
と思われるでしょうが・・・ご安心を楽しい

今回は基礎パッキン工法で施工してます!
この工法は、基礎と土台の間に下の画像の基礎パッキンを入れて20个侶箚屬魍けます。
この20个隆屬魘気が流れる仕組みになってます。

基礎パッキン

従来の換気口は、基礎に開口を開ける為に鉄筋を切断する事になり、基礎の強度が弱くなる要員になります。その為、多く開ける事はできませんので、床下の換気が片寄ってしまうケースがありました。その点、今回の基礎パッキン工法は全ての土台の下に20个猟棉孔があるに等しい為、結果的に換気量も十分取れて、均一な換気が可能です。さらに、基礎に開口を設けないので鉄筋を切断する事もありません。

下の画像は、気密型の基礎パッキンです。
このパッキンは通風性がない為、玄関などの床よりも下がった土間廻りの基礎に使用します。この部分に通常の基礎パッキンを使用しますと、室内に外気がモロに入ってきてしまいます強風
気密基礎パッキン

そして今回、土台締め付けに使用した座金です。
タイトニック
この座金は内蔵のスプリングにより「木材の木痩せ」に追従して、密着する機構になっております。
今回は化粧で構造材をあらわす部分が多い事と施主様の御意向もあり、全ての構造材に無垢材を使用してます。一般的に無垢材は集成材などと比べますと、木痩せが顕著に出がちですので、この座金を採用致しました。

今回は、ここまでです。
次回は、上棟の様子をお伝えする予定です楽しい
author:設計E, category:新築工事, 17:17
comments(0), trackbacks(0)
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 17:17
-, -
Comment









Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。